結婚して5年、夫への不満が限界です。

VIEW数:1759

結婚して5年、夫への不満が限界です。
結婚後専業主婦として家庭に入っていますが、夫から毎月生活費をもらう。
その中からやりくりして、残ったら貯金。旅行や行事に使います。
自分のお小遣いはありません。夫は営業で外食などするためお小遣いがあります。

いろいろとやりくりして、へそくりをためているようです。
なんだか不公平感を感じてしまいます。

おこづかい | お金 | トラブル | 夫婦の最新記事

14 comments

  1. 働いたらどうですか?
    自分で働けば、お小遣いだってできますよ。

  2. 生活費の中に貴方のお小遣いも含まれているということじゃないですか?
    ご主人はそのつもりじゃないかしら。
    お化粧品や衣料品など、生活費から出しているのならですが。
    他に交際費とか。
    それらはないということでしょうか?

  3. 友達とのお茶代、化粧品、衣料品、美容院代、などはどうしていますか?
    ご主人からもらっている生活費とは別ですか?
    それが生活費の中に含まれているとしたら、お小遣いがないとはいえないと思いますが。

  4. ご主人から全額をもらい、そこから分けたらどうですか?
    貴方のお小遣いももらえばいいと思います。

  5. 私もお小遣いはないといえばないです。
    いくらって決めていないし、生活費を使っているというか。
    切り分けしてません。

  6. お小遣い稼ぎにと内職をしています。ちょっとしたプチ贅沢ができて、心にゆとりが生まれました。

  7. 以前、うちの夫もヘソクリしてました。発覚したのは内緒の通帳が見つけたから。
    その時に、話し合いをしました。
    私の言い分を聞き入れてもらい、お小遣いを同額にしました。
    ただし、夫は働いているので、昼食代は別扱いです。

  8. ご主人の外食は仕方のないことなにで、必要経費に相当するのではないですか?
    お小遣いとは言えないのではないでしょうか?
    あなたもやりくりをしてへそくりをしたらどうですか?生活費からお小遣いを作ればいいと思います。

  9. ご主人から、お小遣いをもらえばいいと思います。
    ご主人が働かないならお小遣いはいらない、という考えの人なら、貴方は働いたほうがいいと思います。

  10. 生活費からお小遣いをひねり出せませんか?
    それが不可能なら、お小遣い請求すればどうですか?
    ご主人と平等にしてもらえばどうですか?話してみるべきです。

  11. 私も専業主婦です。
    自分のものは、生活費と受け取った中で買っているので、お小遣いとして区切ってません。
    それじゃダメですか?

  12. 仕事をされたらどうですか?
    私は自分で使いたいお金がほしくて働いています。夫の給料だけでは、お小遣いなんてないし、生活も苦しかったので。
    今はだいぶ生活もよくなりました。なにより、自分で稼いだお金なので、気兼ねなくつかえます。もちろん、お給料は生活費としても使っています。
    共稼ぎのほうが平等になれると思います。

  13. お仕事をしたほうがいいと思います。
    生活も楽になるし、お小遣いもできます。
    お仕事できな状況なら、ご主人に話したほうがいいと思います。
    長い結婚生活。お金のことで喧嘩をするのはあるもですが、ルールを決めておくことは喧嘩を避ける手段になります。

  14. まだまだ結婚生活はこれから。
    今のうちにハッキリとさせておきましょう!
    お小遣いはもらいましょう!ご主人に強くいうべきです。

この相談に回答を投稿する

CAPTCHA