既婚女性・胸キュン恋愛体験レポート・「W不倫? 車のディーラーで遭遇したドキドキ体験」」

VIEW数:8145
dealer-01

どこから降ってくるかわからない。それは災いやトラブルだけではありません。
胸を締め付けて離さないほどの男性との出会い。日常の中で体験した「既婚女性・胸キュン恋愛体験レポート」をご紹介します。


彼との出会いは夫と一緒に車の買い替えの時

結婚10年目の専業主婦です。仕事が忙しく出張も多い夫を持つため、家事・育児はもちろん。車のメンテナンスや家電の買換えなど、どちらかというと男の人が好んでやりそうな仕事も、すべて妻である私が担当しています。

先日も車の定期点検の案内ハガキが届いていました。いちおう夫に聞いてみると、当然のように
「平日に独りで行ってきて。土日は混むから。」と言われました。
仕方なく、後日私は電話して点検の予約を入れました。でも実は「仕方なく」ではなく、ラッキー!と思っていました。

なぜならうちの担当営業マンが、私好みのイケメンだからです。年齢は私の4つ下で既婚です。
私たち夫婦が結婚して初めて車を買換えに行った6年前から、車のことを色々お願いしたり相談したりしていました。
彼はいつもとても感じがよく、こちらの意向もすぐに対応してくれる「さわやか系仕事できる男子」
「いい人が担当についてくれて良かったね」と、夫ともよく話していました。


車の定期点検が二人の距離を休息に縮めて…

既婚女性・胸キュン恋愛体験レポート・「W不倫? 車のディーラーで遭遇したドキドキ体験」」
でも夫が今の車に飽きはじめてきた3年ほど前。
メンテナンスを全て私がするようになってから、ちょっとマズいことになってきてしまったのです。
わかりやすく言うと、私がその営業マン(Mさんとします)を好きになってしまったのです。

車の点検にディーラーに行ったことのある方ならお分かりだと思います。定期点検というのは終了するまで1時間くらいかかるのが通常。つまり点検終了までの約1時間、私はお店でコーヒーを飲みながら車の仕上がりを待つわけです。
そして、その時別の用がなければ、Mさんはずっと私の前に座って、話し相手になって下さるのです。そしていつの間にか・・・


これも仕事のうちなの? 彼の電話を待ちわびてしまう私

既婚女性・胸キュン恋愛体験レポート・「W不倫? 車のディーラーで遭遇したドキドキ体験」」
最初の頃は、「さすが営業の人は喋るのが上手だな」くらいに思っていました。
だんだん、Mさんの事を意識するようになりました。
会話がとぎれた時、ふと気づくとお互い見つめ合ったりして妙に気まずくなる瞬間も度々ありました。

私もMさんもいい歳した大人。「お客さんと営業マン」という関係を越えることは出来ないと頭ではよくわかっています。
いい大人の男女だからこそ感じる「何か」を互いに感じているのは確かなようです。Mさんの言葉の端々に、そんな何かを感じるのです。

普段は私がお店に出向くことが多いのですが、ごくたまに、向こうから

「車の調子はいかがですか?近くまで来たのでご挨拶に伺ってもいいですか?」

と、家に電話がかかってくることもあります。
こんな気持ちで平日の昼間、家でMさんと二人きりになってしまうと、私はもう自分の心にブレーキをかける自信がありません。
何とか今は断っているのですが、最近は電話でMさんの声を聞くだけでドキドキするようになってきました。

近いうちに、一線を越えてしまう日がくるかも知れません。

イケナイ主婦 | 年下の男性の最新記事