知っておくと便利! 嫌いなママ友と上手に付き合う3つの法則

VIEW数:559

ママ友のとのお付き合いは、微妙。
気の合うママ友もいれば、中には嫌いなママ友だっている。子供が関係してくるママ友とのお付き合いは、嫌いだからって切ることは難しい。
そこそこ、上手に付き合っていかなければいけない。
そんなときに知っておくと便利な、3つの法則。
ぜひお試しあれ。
>>>>お悩み口コミ相談「ママ友付き合いで悩んでいます」を見る


 

ママ友と上手に付き合う【第一の法則】2分の法則

嫌いなママ友のつまらない話も、2分は我慢!

嫌いなママ友と上手くいく方法嫌いなママ友ががいつものようにつまらない話(自慢話や悪口)を始めたら、無視して聞かないふりをしたい気持ちを2分おさえていきましょう。
2分なら多少の我慢ができるはず。さりげなく時間をチェックして、ママ友に作り笑いのひとつでもしておきます。

ママ友と上手に付き合う【第二の法則】「はひふへほ」の法則

2分間は「はひふへほ」の法則・会話テクニックに基づき、なんとか話を持たせます。

**はひふへほの法則***

:「ははぁ」と納得する
:「ひひひ」と笑う
:「ふーん」と流す
:「へーえ」と驚く
:「ほほう」と感心する

はひふへほの法則は他にもありますが、この会話テクニックが一番お勧め。
嫌いなママ友の話を無視するわけではなく“嫌い”という態度を見せないことがポイントです。
ママ友の話に「ははぁ」「へーえ」などと答えているだけで、ママ友は話を聞いてくれていると思います。

「はひふへほの法則」とは逆に絶対口にしてはいけないNG用語「たちつてと」の法則も覚えておきましょう。

**たちつてとの法則**

:「たいしたことない」
:「違うんじゃない」
:「つまらない」
:「適当でいいから」
:「とんでもない」

こちらは、お腹の中で思っていても2分間は我慢。口にしないでおきましょう。
嫌いなママの逆襲にあわないためにも、NG用語も頭に入れておきましょう。
>>>>お悩み口コミ相談「ママ友付き合いで悩んでいます」を見る
 

2分過ぎたら、話の流れを変えていく

2分を経過したころ、さりげなく「そうえいば」と話の流れを他に持っていきましょう

ここが重要なポイントです。
2分は我慢をしたのですから、ママ友がなおも話の続きをしているとしても、話の流れを変えていきましょう。
このとき、話の流れとしては無難な話題が一番ドラマや芸能関係の話がお勧め。
子育てや子供の会話になると、苛立ちが増すことがあるのでなるべく避けていきましょう。

 

話の切れ目で、その場を立ち去る

話の流れも変わり2分を経過したら、あとは極力その場を去ることが一番。

嫌いなママ友と長い時間を共有することは、ストレスが増します。ですから、このあたりで会話を終わらせておくべきです。
去り際を美しくしておけば、ギクシャクすることもありません。
公園なら子供と遊ぶとか、スマホ片手にして電話をかけるフリをするとか、自然な流れで会話を終わらせていきます。

 

ママ友と上手に付き合う【第三の法則】断りの法則

嫌いなママ友から「ランチ」や「お食事会」のお誘いがあったら、断りたいのに断れない。といった状況もあるでしょう。
子供を含めたお付き合いは、なかなか断りづらいものです。

それでも気乗りしないなら、行かない方向にもっていくのもひとつの手段。理由はいくらでもこじつけられますが、角がたたないように断らないといけません。
体調不良は一番良い理由と言われてますが、それでは嘘がバレる可能性大。日ごろから子供を含めたお付き合いがある関係ならなおさらです。

そこでオススメなのが「仕事」「家の用事」「実家に帰る」など、どうしても外せない用事でお断りするのが一番です。はっきりと断ることもせず、曖昧にしておくと、いつまでもそれがストレスになりますから、できることであれば、断わってしまいましょう。
断りの理由は、常にいくつか考えておき、突然の時にでもスラリと会話ができる状態にしておくように。そのときには「残念だけど」と一言添えると柔らかなお断りになります。

それでも、子供のお誕生会など断れ切れない場合。
このときこそ、2分の法則はひふへほの法則で場を乗り切っていきましょう。子供中心に行動をしながら、嫌いなママ友との距離を置き、上手に子供との楽しい時間を作りあげてください。

 

 


 

嫌いなママ友の話を2分待つカップラーメンは3分待ちます。微妙に長い感じがします。けれど2分なら、なんとか我慢もできるところ。
2分は、嫌いなママ友との話をなんとか我慢のできる時間なのです。

ママ友は“まだ話し足りない”と思うかもしれませんが、2分はあなたが耳を傾けていたことで“話を聞いてくれた”という気持ちもあります。
1分では短すぎ、3分ではママ友が図にのります。そう、2分がボーダーライン。会話にリズムを生むことで、嫌いなママ友との関係も円滑に進めることができるのが2分なのです。
さぁ、今日から3つの法則を実践してみませんか。
嫌いなママ友とも付き合わなくてはいけないのなら、この3つの法則で上手にお付き合いをしていきましょう。
>>>>お悩み口コミ相談「ママ友付き合いで悩んでいます」を見る

ママ友の最新記事