ドラマ『下剋上受験』 中学受験でよくある、ママ友からの嫌味対処方法

VIEW数:1269
juken

2017年1月からスタートするドラマ『下剋上受験』。中卒で学歴のなさに苦労する、ガテン系の力仕事で働く父親(阿部サダヲ)が、娘に中学受験を勧めることから始まる物語。母親役を深田恭子が演じることでも話題です。中学受験で起こるママ友とのトラブルについて考えました。


◆中学受験は親のエゴ? ママ友からの厳しい一言

志望理由の多くが、大学までの安定した進路を願って受験する名門私立中学。しかし幼い子供が自分の将来や進路を決められないのがほとんど。多くの家庭は我が子が努力すれば手が届くかもしれないポジション(偏差値)にいることを親子で自覚し、中学受験を決断するでしょう。
過酷な受験勉強のストレスで、疲れて体調を崩す子供もでてきます。
そんな時にママ友からは、
「親のエゴで中学受験させてるんじゃないの?」という心無い一言。
「受験させないほうがいいんじゃないの?」と言うママ友も。
体調を崩した子供に、「本当は無理に受験を押し付けてしまっていたのでは…」と、受験への決意が崩れかけてしまうことも少なくありません。


◆受験に疲れた子供の心のよりどころは、母親が一番!

59928c56fc9b7bde75382e9b2557e635_s
中学受験で勉強に励んでいても、成績が伸び悩むこともあるでしょう。
ママ友からの妬みに耐えられず、思い迷うこともあります。しかし一番大切なのは”子供自身の気持ち”ではないでしょうか。
結果がどうあれ「自分がどうしたいか」を考え、ゴールに目指していくことが大切。

子供のこれからの長い人生、いつ開花するかは誰もわかりません。
周囲の妬みに惑わされず、普段から子供と何でも言い合える関係づくりをしましょう。
いつでも子供の心の帰る場所があるということが、何よりも子供の励みとなるでしょう。


◆中学受験でお付き合いが変わる、ママ友からのイジメ?

confused
中学受験に限らず、「子供の受験」がママ友との付き合いがこれまでの状況と一変します。
成績のいい子供を持ったがゆえに、それまで仲良かったママ友に妬まれ「嫌み」を言われることもあります。妬みややっかみからママ友同士から仲間はずれにされたり、LINEのグループトークで自分の学力の低さを公開されるというようなイジメを受けることも…。
自分の学歴や過去は、消すことはできません。だからこそ自分たちが「学歴」で後悔すれば、子供には繰り返させたくないという思うもの。『下剋上受験』のように、才能と機会があれば名門中学受験にチャレンジすることもあるでしょう。
未来を担う子供には、チャンスを平等にと願うもの。たとえ周囲からの嫌みや妬みをうけても、堂々と親子で乗り切りたいものです。

テレビ | ママ友の最新記事