検証!いつでもときめいていたい! 胸キュンしちゃう男性3つの共通ルール

VIEW数:1365

恋愛結婚が主流の現代社会ですが、イマドキの既婚女性の約7割が、恋愛と結婚は別モノと考えています。

恋愛は二人の感情が中心、結婚は家族や親族を含めた生活が中心となるからですが、恋愛のときめきに憧れている既婚女性が多いのも事実。
そんな主婦のときめき恋愛事情を探ってみました。


◆ときめきに憧れる! 胸キュン主婦

主婦となっても恋愛したいという既婚女性は実に5割前後、二人に一人と言われています。いつまでも恋愛対象として見られていたい!いくつになっても胸キュンしたい!という既婚女性が多いということです。ときめきに憧れてしまうということは、現時点で何にもときめいていないということではないでしょうか。

パートナーにときめきを感じ続けていれば良いのでしょうけれど、主婦でも夫同様に仕事をしています。育児や家事に忙しいと知らず知らずのうちにストレスが増えていきます。次第にパートナーに対し、『結婚は生活のため』という割り切った考えになってしまうのも理解できます。


◆主婦がときめきを感じる瞬間、これって恋愛?

6bf159ccb6929c5f0bf9652f9e24de90_s

好きな趣味などを持ち、キラキラ輝いてた生活を送っていれば良いのでしょうが、日々の忙しさで時間に余裕もありません。けれど、胸キュン対象者に『好き』という気持ちを抱くときがあります。では、どんな時ときめきを感じ恋愛をしたくなるのでしょうか。

    • 宅配便のお兄さんや、コンビニの店員が元彼に似ていた

結婚まで至らなかった元彼との甘酸っぱい思い出が多ければ多いほど、ときめきを感じるでしょう。

    • 子供のスポ少のコーチや、習い事の先生から、可愛い・キレイ・ステキと言われた

お世辞と知りつつも褒められて嬉しくない主婦はいません。パートナーから日頃から褒められていない主婦ならば、間違いなくときめきます。

    • 職場の上司や同僚・後輩から感謝された

家庭内での夫婦の役割分担は各家庭の事情で異なりますが、まだまだ主婦の負担が多いのも事実。そしてそれが当たり前に思っているパートナーも、少なくありません。そんな中、職場の同僚から感謝の気持ちを言葉にして表されたら、ときめいてしまうはず。


◆不倫未満なら許される? 胸キュンしちゃう相手の特徴

2016kekkonn

こうしてみると、ときめきを感じるシチュエーションはこんなにも多いということがわかります。ときめくシーンでどんな相手と恋愛したくなるのでしょうか。

・夫と違うタイプ
・自分のよき理解者
・相互が成長しあう関係

遠くから見ているだけならときめきを感じるだけですが、何かのきっかけで親密になり、相手の考えや生き方を知る機会があったらときめくだけではなく、恋愛したくなるのも頷けます。恋して想いを寄せるだけなら、不倫未満といっていいでしょう。それとも不倫の可能性もあるからと、ときめく気持ちにブレーキをかけてしまうのでしょうか?

一夫一妻制の日本では不倫は不貞行為ですが、『バレなければOK』と豪語する人もいます。
突き詰めて考えてみると、『それぞれの家庭や生活が破たんしないための倫理観』の中で生きていくことが大切なのではないでしょうか。

イケナイ主婦 | 不倫・浮気 | 本音の最新記事