デリケートゾーン“におい”“ヘアケア”“かゆみ” 恋愛コスメでベッドインエチケット 

VIEW数:189

デリケートゾーンの“におい“や“かゆみ“で悩む女性は多い。男性いわく“アソコが臭い女”とは自然とエッチの回数が減るという噂もあるくらい。デリケートゾーンのエチケットは大切。大好きな彼とベッドインしたのに、デリケートゾーンのトラブルでとんでもない事態に!?なんてことにならないように、デリケートゾーンのケアをしておきましょう。“におい”“ヘアケア”“かゆみ”にオススメの恋愛コスメも紹介します。


■デリケートゾーンの“におい”

デリケートゾーンはいつも隠れている。ゆえに、ジメジメとしたアソコからは独特の“におい”を発している。“におい”の主な原因は雑菌。
女性は、自分以外の女性がどの程度におうのかわからない。なので、案外、女性経験の多い男性のほうが女性のデリケートゾーンの“におい”には敏感なようです。
ベッドインしたけど「あまりの臭さに萎えた」なんて声もあるから、気をつけて。
生理、おりもの、尿、汗などかが“におい”の原因。まずはデリケートゾーンを常に清潔にすることを心がけましょう。

アンダーヘアのお手入れもムレ防止になるので“におい”防止になります。締め付けない下着や、こまめに下着を替えることもおすすめ。
恋愛コスメでは、デリケートゾーン用のソープがおすすめ。繊細な場所なので、よく泡立てて手で軽くこする程度にするといいみたい。間違ってもゴシゴシしないこと。“におい”が気になるからといって、1日に何度もデリケートゾーン用のソープで洗うはタブー。乾燥してしまうので、1日1回。デートのときには2回くらいがいいようです。

それから、バッグにはデリケートゾーン用のウェットシートを入れておきましょう。ベッドインするときは、シャワーを浴びるでしょうけど、デートの前には下着をかえてウエットシートでデリケートゾーンの“におい”のお手入れでエチケットを。

恋愛コスメではほかに香水などもあるので、チェックしてみるといいですよ。


■デリケートゾーンの脱毛

デリケートゾーンの毛というとアンダーヘア。このアンダーヘアは、Vライン・Iライン・Oラインの3つに分かれています。
最近は、エステでも脱毛コースがあるので詳しい人もいるでしょう。
実際、エステで脱毛してしまえば楽だしお手入れも行き届くのでいいようです。

Vラインは目に見える場所。なので、全脱毛をする人は少ないはず。自分でお手入れをするなら軽くすく感じに。それから要らない場所は脱毛を。
デリケートゾーンの中心というべきIラインとお尻の周りのOラインは、全脱毛する女性も多い。自分で処理するのは難しい場所なので、できればエステがおすすめ。
自己処理するときは、毛抜きは厳禁。先の丸いタイプの恋愛コスメのデリケートゾーン用シェーバーがおすすめです。

デリケートゾーンのアンダーヘアをお手入れすることで、ムレ防止にもなります。“におい”“かゆみ”対策の効果があります。
それにベッドインしたとき、OラインやIラインが陰毛で覆われていたら、男性は引いてしまうかも。恋愛コスメのシェーバーでデリケートゾーンのアンダーヘアのベッドインエチケット対策をしておきましょう。

07cddc2c18a74f0a328cf1a02e9b364a_s


■デリケートゾーンのかゆみ

デリケートゾーンの悩みで多いのが“いおい”に次いで多いのが“かゆみ”。かゆくても、堂々にかけないし、困ります。それにあまりかゆいときは、触れてほしくないから、ついついベッドインにならないように彼を避けてしまうことも……。
せっかくのラブラブ度もデリケートゾーンの“かゆみ”でグーンと下がってしまうかもしれない。そこで、しっかりと恋愛コスメでデリケートゾーンの“かゆみ”対策をしておきましょう。

デリケートゾーンの“かゆみ”の原因は、ムレ、かぶれ、病気、体調不良など。
ムレを防ぐことで、デリケートゾーンの“かゆみ”はかなり軽減されます。通気性のいい下着をつけたり、おりものが多い、生理中などはこまめに拭くことをおすすめします。

ナプキンかぶれなどからデリケートゾーンの“かゆみ”になることも。下着によっても肌と合わないものもあるので、それらは避けましょう。
デリケートゾーンの“におい”のところでも記載しましたが、デリケートゾーン用のウェットシートは便利です。ベッドインしなくても日常的に持ち歩く恋愛コスメのひとつです。

皮膚科や産婦人科にいくと、かゆみ止めも処方してもらえます。あまりかゆいときは病院へ行きましょう。


■デリケートゾーンの潤い

年齢とともにデリケートゾーンは乾燥します。あまり乾燥をしていると、デリケートゾーンの“かゆみ”の原因にもなります。
それ以外でも、顔肌の乾燥と同じで、クーラーなどで冷えすぎていたりしても乾燥することもあります。

恋愛コスメでは、デリケートゾーン用のクリームがあります。適量を塗れば、デリケートゾーンも潤います。ベッドインしたとき、乾燥していて痛い、なんてときにも使用してもいいかもしれないですね。
彼とベッドインしたときは、お互いに喜びあえる状態でないといけません。彼のためにも、デリケートゾーンのクリームも必要かも。恋愛コスメのクリームでベッドインエチケットをしましょう。


■デリケートゾーンの黒ずみ

デリケートゾーンの黒ずみは、妊娠や年齢とも関係があるようですが、下着との摩擦やお肌リズムから巻き起こるようです。お肌にいい食事をとったり、サプリメントでお肌リズムを整えると違うでしょう。

パンティーやガードルなどで足の付け根のところが黒ずみになることも。すぐには黒ずみにならないので、気づいたらということが多いです。
できれば、パンティーのゴム部分がきつくないもの。ガードルならショートガードルはNG。ボクサーショーツみたいなのが一番おすすめ。でも、それはちょっと色気がないかも!?
なので、ベッドインのときは紐パンかTバックが一番かもしれません。


■デリケートゾーンのエチケット

デリケートゾーンの悩みを抱えている女性は案外多いもの。ベッドインにまで影響してしまっては、いけません。彼とラブラブなベッドインにそなえて、デリケートゾーンの“におい”“かゆみ”“アンダーヘアケア”のエチケットをしておきましょう。
女性の身だしなみ、お顔やおしゃれと同じでデリケートゾーンにも気をくばる。それが大人女性のエチケットです。
今はどんどん商品が改善されたり開発されているので、デリケートゾーン用の恋愛コスメももっと増えていくと思います。ときどきネットでチェックしてみるのもいいですね。
悩みが改善されないときは、専門家に相談をしましょう。

コスメ | デート | 恋コスメ | 恋愛 | 美容の最新記事