NHK連続テレビ小説・朝ドラ「エール」1話のネタバレ・窪田正孝がひ弱な男!?

VIEW数:80
CJTVttlw

NHK連続テレビ小説・朝ドラ「エール」の1話がスタートしました。
音楽家・古山裕一が主人公。演じるのは窪田正孝さん。その妻・音を二階堂ふみさん。
2020年3月30日「エール」の第1話について。

■NHK連続テレビ小説・朝ドラ「エール」は音楽家の物語

作曲家・古山裕一の物語

朝ドラ「エール」
朝ドラ「エール」

NHK連続テレビ小説・朝ドラ「エール」は、作曲家・古山裕一の物語。
日本が生糸輸出量世界一となった明治42年、急速に近代化がすすむ福島の老舗呉服屋に生まれた古山裕一。
老舗の跡取りとして育てられた裕一は、少々ぼんやりした子供。
しかし音楽に出会いその喜びに目覚めると、独学で作曲の才能を開花させ……。
青年になった裕一は、一度は音楽の道をあきらめようとするが、ある日家族に内緒で海外の作曲コンクールに応募。そこで上位入賞を果たす。
それをきっかけに、裕一は歌手を目指している関内音と出会う。音楽に導かれるように出会った二人は結婚。
そして不遇の時代を乗り越え、二人三脚で数々のヒット曲を生み出していくのだが、日本は戦争へと突入。
裕一は軍の要請で戦時歌謡を作曲することに。
自分が作った歌を歌って戦死していく若者の姿に心を痛める裕一。
戦争が終わり、混乱の中でも復興に向かう日本。
裕一と音は、傷ついた人々の心を音楽の力で勇気づけようと、新しい時代の音楽を奏でていく─。

■NHK連続テレビ小説・朝ドラ「エール」第1週のあらすじ

「初めてのエール」・ざっくりまとめ

蓄音機から流れる音楽に心を奪われる、主人公・裕一
生まれて初めて聞く、自分に向けられたエール
頭の中にメロディーが鳴り響き、裕一、初めての作曲

詳しいあらすじ

大正時代。福島の老舗呉服屋の長男・古山裕一(石田星空)は不器用で内気な少年で、いじめられがち。しかし担任の藤堂先生(森山直太朗)の勧めで作曲を始めると、秘めた才能を発揮する。一方、父の三郎(唐沢寿明)と母のまさ(菊池桃子)は店の経営に行き詰まっていた。そこに裕一の伯父・権藤茂兵衛(風間杜夫)からある申し出があり…。ある日、音楽家を夢見る裕一は、ガキ大将の村野鉄男(込江大牙)の秘密を知ってしまい!?
https://www.nhk.or.jp/yell/story/week_01.html

■「エール」1話のネタバレ

原子時代
「古来音楽家は人とともにあった」
男(窪田正孝)と女(二階堂ふみ)が原始人。
火山爆破。
ときが流れ……。
「音楽はずっとそばにあった。
ときに音楽は人を喜ばせ心・寄り添い……。
いろいろやってます。音楽はすばらしい。
音楽が奏でる人生の物語です」
**
窪田正孝のダンス♪♪
指輪を差し出す男(窪田正孝)。
「わたし彼氏いるんだけど」
と断る女(二階堂ふみ)。
あえなく撃沈……。
**
場面変わり、昭和39年、オリンピック開催。
墓参りをする男。
「あの裕一が、いじめられっ子の裕一がついにやりましたよ、先生」
**
オリンピック会場。
鏡の前で大丈夫という裕一(窪田正孝)。
オリンピックの開会式の音楽をつくった裕一は、緊張のあまりトイレから出られない。
そこに妻・音(二階堂ふみ)が飛んできて
「あなたの曲を世界中の人が聞くのよ」
と、連れていこうとするも、裕一は嫌がる。
そこに、警備員(萩原聖人)。
「先生の曲は人の心を応援してくれます。先生の晴れ舞台です。どうか会場で」
と言われ、裕一と音は手を繋いで会場へ。
**
― この夫婦の軌跡を追う。
時は遡り……。
三郎(唐沢寿明)とまさ(菊池桃子)の間にひとりの男の子が誕生した。
「エール」の始まりです。

■「エール」1話の感想

古山裕一を窪田正孝さん、のちに妻となる音を二階堂ふみさんが演じます。
裕一の父は唐沢寿明さん、母は菊池桃子さん。
豪華キャスト、朝ドラ「エール」。
1話は本当にスタートという感じ。冒頭から原始時代、次いで窪田正孝さんのダンスという展開で話題です。
明日も楽しみですね。

画像:NHK朝ドラ「エール」公式サイト

エンタメ | テレビ | 芸能の最新記事