砂の塔~知りすぎた隣人 徹底追及 鍵を握る3人! 気になるお兄ちゃんの存在!?

VIEW数:229
注目のドラマ紹介!

菅野美穂、松嶋菜々子、岩田綱典ら豪華キャストによるTBSドラマ「砂の党~知りすぎた隣人」10月28日に第3話が放送されました。
格差社会を浮き彫りにしタワーマンションの中に沈む闇を映像化している「砂の党~知りすぎた隣人」。
不倫やママ友のいじめなど、見ごたえ十分。なにより一番に気になるのは連続誘拐事件「ハーメルン事件」の真相。
そこで気になる「砂の党~知りすぎた隣人」のキーパーソン3人を徹底追及!犯人は誰?事件の真相はいかに!?


■佐々木弓子:松嶋菜々子
640ed3fb6cdaba34f4978c2ceedee412_s
平凡な主婦高野亜紀(菅野美穂)の住むタワーマンションの上階に住む佐々木弓子。夫は海外赴任という設定で今のところ登場なし。監視モニターが並ぶ部屋で映像を眺め、タワーマンションの住人の秘密を知る人物。常に怪しげな状況設定。
ハーメルン事件のキーポイントとなる黄色いカーネーションに一番近い状況にあるのがフラワーアレンジメント教室を開いている佐々木弓子。しかも、3話まで見ていると確実に犯人らしき設定だが“もしかしたら大逆転があるのでは?”と裏読みをしてしまう人もいるのでは?
ドラマにありがちな、ラストの大どんでん返しがあるとしたら、佐々木弓子(松嶋菜々子)犯人説は消えると考えられます。
それにしても、松嶋菜々子さんの演技の幅は素晴らしいです。「営業部長吉良奈津子」ではキャリアウーマン&ママ。「家政婦のミタ」ではクールな役どころがピタリとはまっていました。今回の佐々木弓子役では「怖すぎる~」と巷で話題。
もっと怖い人になるのか?松嶋菜々子さんの演技にも注目です!

■お兄ちゃん:佐野勇斗

高野亜紀(菅野美穂)と高野健一(田中直樹)夫婦の長男・高野和樹。ドラマでは「お兄ちゃん」でピンとくるほど「お兄ちゃん」といつも呼ばれています。
妹の高野そらちゃんの面倒をよく見る優しいお兄ちゃんです。同じタワーマンションには同級生・橋口成美(川津明日香)が住んでいます。橋口成美のママは、学歴に嘘をついている高野亜紀のママ友。
不良グループと付き合ってい様子のお兄ちゃん。そらちゃんとの年齢差も気になるし、優し気な中に謎が見え隠れしている感じ。出生の謎が隠されているように思います。甘いマスクの下に隠されたお兄ちゃんの本性はどこにあるのか?とても気になります。
このお兄ちゃんを演ずる佐野勇斗くん。お兄ちゃん役から人気急上昇中。現在18歳の佐野勇人くんは「ジュノンボーイコンテスト」BEST30に落選したところをスカウトされたというラッキーボーイ。5人組ボーカルダンスユニット『M!LK』としても活躍中。佐野勇斗くんの芸能活動からも目が離せません!

■生方航平:岩田綱紀(EXILE / 三代目J Soul Brothers)

高野亜紀と幼馴染の生方航平。亜紀は航平の初恋の人。そらの通う体操教室のコーチでもある。
亜紀との接点は、話が進むごとに増えていきます。亜紀が隠したい過去を知る航平は、まさに“知りすぎた隣人”!?
亜紀を思うあまり、ダイレクトに好きという表現もしつつある。平凡な主婦の中に潜む不倫願望が花開くかもしれない。
ハーメルン事件の犯人ではないかもしれないが、犯人て意外な人物だったりする。もしかしたら??
亜紀と航平が不倫に走るのか?とても気になります!イケメンのがんちゃんに抱きしめらえたら、主婦だってときめくというもの。否、生活に疲れた主婦だからこそときめいてしまうもの。亜紀の心はどんどんと航平に傾いていくのではないかと思われます。
ハーメルン事件の被害者である母親が不倫をしていたこともあり、物語は主婦の不倫がとても身近に描かれています。
不倫に潜む怖い罠。亜紀と航平は、どこかで繋がりながら生きていくのかもしれない……。

■「砂の党~知りすぎた隣人」あらすじ
baa943e63e8082705ff1720367e20af9_s
憧れのタワーマンションに引っ越した高野一家。タワーマンションは、住む階によって生活差が生じるママ友戦争の場でもあった。
子供のためにと必死でママ友に馴染もうとする亜紀。そらのためにと見学に行った体操教室でコーチをしている生方航平と再会する。彼は亜紀の幼馴染。亜紀の隠しておきたい過去を知る人物だった。
亜紀の夫(田中直樹)のサラリーマンの苦悩が第2話では描かれている。ボスママ(横山めぐみ)の夫から仕事をとることに必死な夫。夫婦が支えあいながらも、微妙にズレが生じていく。
ボスママの強烈ないじめを救うのが佐々木弓子。そして、亜紀を癒してくれるのが生方航平。
第3話では、亜紀が公平と会っている間、そらは謎の誘拐犯についていってしまう。それを阻止したのが佐々木弓子なのだが、腕のケガは作為的。
亜紀の目線からは弓子は常に優しい隣人ではあるのだが、実は監視モニターを凝視する脅威の人物。
幼児誘拐事件が続発する中、キーポイントとなる黄色いカーネーション。フラワーアレンジメント教室をひらいている弓子の存在を犯人として仕立て上げているのか?次週は、亜紀と生方との親密度に注目。タワーマンションに潜むママ友との格差社会。ハーメルン事件の謎も見逃せない。


ミステリードラマの中に現代を生きる主婦の問題が凝縮されている「砂の塔~知りすぎた隣人」。
主婦の心の隙間を埋めるのは、家族ではなく不倫なのか。知りすぎることは罪なのか。
一秒たりとも目の離せない「砂の塔~知りすぎた隣人」から、あなたは何を得るのでしょう。次回もお見逃しなく!

一未

エンタメ | テレビの最新記事