W不倫・不倫のデート代・ホテル代はどっちが払う?割り勘てあり?

VIEW数:1290
4653fe6f15ff661e970f2707f7514ed3_s

W不倫・不倫。デート費用はどっちが払うの?と気にしている女性も多い。W不倫や不倫は、秘密の恋愛だから「デート代やホテル代ってどっちが払ってる?」「割り勘ておかしい?」と聞くこともできない。不倫中の女性が聞きたくても聞けない「デート代・ホテル代」は、どちらが払っているのか、独自調査の結果を公開しましょう。


■W不倫・不倫のデート代

W不倫・不倫だって通常の恋愛と変わらずデートはします。

・食事代
・ホテル代
・交通費(レンタカー代や高速代など)
・旅行費
・チケット代(映画や遊園地など)

などなど、諸々にデート代はかかります。

相手が既婚者のW不倫と相手が独身の不倫では、デートをする場所にもデート代を払うのにも、違いがあるようです。


■W不倫のデート代

W不倫だと、相手も女性も既婚者。家庭を持つ身の男性は、家にお金を入れているわけですから、お小遣いで不倫をしている男性がほとんど。
W不倫相手が管理職や大手企業にお勤め、会社経営者など高収入の男性なら、デート代はほとんど出してもらえるようですが、だいたいが、全額を払うことは不可能。

会える頻度も時間的束縛が多いので、わりと低め。

「月に1回から2回」
というのは平均的。
しかもW不倫ですから、堂々とデートをすることもなく、ホテル一直線ということも多い。

このホテルは、ラブホではなく、シティホテルを利用するW不倫者も増えている様子。
どちらにしても、二人だけの時間(W不倫タイム)には、お金がかかります。

会う頻度が少なければ、男性が払うことが多いようですが

「頻度が多いと3回に1回は払う」
「割り勘にしている」
「旅行とか大きな出費のときは、負担をする」
というケースも。

【割り勘にしていれば長続きする】

というジンクスもあるくらい、W不倫はデート代やホテル代の全額を男性に払わせるのはタブーかもしれません。

「僕が払う」と言いながらも、内心では
「ちょっとは負担してくれないかな」なんて思っている、既婚男性はいるものです。
W不倫の場合、W不倫相手の、身辺状況、仕事状況などをよく把握して、対応できるのがベストです。

あくまでも“割り勘にしてでも不倫をしたい相手なら”
ということですが。

自分が出費するのはイヤ!
だと思うのなら、W不倫相手には高額所得の男性を選ぶ(選ばれる)か、あるいは不倫はしないほうがいいのかもしれません。


d8d0bb0b18ee46dab19163d767704339_s

■独身男性×既婚女性の不倫デート代

相手が独身だと、自由に使えるお金があるので、ほとんど彼がデート代やホテル代を払ってくれると思いきや、これが案外違ったりするケースも。

女性側がデート代を払う不倫関係で結構多いのが、相手が独身のケースです。
特に年下男性だと、ほぼ女性がデート代を払う様子

なぜかというと、不倫相手がひとり暮らしだと、ホテル代もかからず、デート費用はほとんどかからないという不倫が多いようです。
「彼が喜ぶから食事も手料理」というデートも多いのが独身男性×既婚女性の不倫デート。

また、心理面から、女性がデート代を払ってしまうことが多い。
独身男性が相手だと、どうしてか既婚女性は“自分が結婚していること”に負い目を持ってしまう。
ついつい「私が払わないと」と感じてしまうようです。

「彼と別れられたらどうしていいかわからない」
「彼を繋いでおきたくて」
なんて、声も聞こえてくる。

なんだか、ちょっぴり悲しい不倫。
でも、本人が満足ならそれも楽しい不倫なのかもしれません。

もちろん、女性がデート代を払う不倫だけではありません。

独身男性がデート代を全額払うというケースもあります。
相手が独身男性だと、ドライブデートや遊園地など、思い切りデート感のあるデートが楽しめるのも魅力です。こんな風にラブラブデートを楽しめる不倫カップルなら、男性もちゃんとデート代を払ってくれるようです。


■既婚男性×独身女性の不倫デート代

相手が既婚男性で、女性が独身、という不倫は、デート代の全額を男性が払うパターンと割り勘パターン、或いは女性が払うパターンと3つに分散される傾向があります。

まず、男性がほぼデート代を払うのは“この恋を失いたくはない”という心理もあるし、それだけの収入がある“不倫適合者”。

割り勘や女性がデート代を全額払うような不倫だと、どちらかというと、女性のほうがうこの恋を失いたくはない”と思っている不倫恋愛です。

独身女性なら、結婚を夢見ることもあるでしょう。
彼に尽くすあまり、なにもかもを背負い込んでしまう。

独身女性が「自然とデート代を払うようになっていた」
という不倫恋愛もあるようです。


■不倫も収入格差

W不倫でも不倫でも、結局のところデート代は収入格差があるようです。男性の収入が高ければ、どんな不倫でもデート代・ホテル代は男性が払うことが多いです。
けれど、男性の収入が低ければ、全額デート代を男性だけが払うことはありません。

女王様のような不倫を望むなら、高額収入の男性と不倫をすべきでしょう。
ただし、心の絆を望み“彼がいるだけでいい”と思うのなら、収入など気にせず、W不倫・不倫も成り立ちます。長く続けるのなら、それなりにデート代やホテル代を払うことも必要でしょう。

もし、割り勘やデート代を払うことが多いことに不満を感じはじめたら、それはW不倫・不倫の潮時かもしれません。

不倫にお金の問題は関係ないとは言い切れない。

割り勘やデート代を払っている女性からは
「たまにはデート代を払ってほしい」
「ホテル代だけは払ってほしい」
という声も。

W不倫・不倫を楽しむのなら、続けたいのなら、自分の中で納得できるデート代・ホテル代の負担をしていくのがベストのようですね。

一未

イケナイ主婦 | デート | 不倫・浮気 | 恋愛の最新記事