連載・不倫小説【不倫の掟】 Vol.1

VIEW数:114

不倫小説「不倫の掟」を公開します。
amo独占オリジナル小説です。
主婦・真由子の心を埋めるのは不倫恋愛。
真由子のただひとつの生きがいは、愛する男・正木友哉と会うことだった。
ある日ふいに「距離を置こう」と言われた真由子は……。
苦しく辛い日々の中、真由子の選んだ不倫の結末は?

連載・不倫小説【不倫の掟】

vol.1 夏の夜

スマホをタップ。
耳にギュッと当てる。

コール、1、2、3……。
4回目のコールに入る瞬間に電話を切る。
それが私と友哉の不倫の掟。
しかも、時間帯まで決まっている。

話がしたいから、と電話をすぐに掛けられる恋人とは違う。
不倫を快楽のように思うのは間違い。
不倫で快楽を得るのはほんの一瞬。

あとは、苦しく切なく辛いだけ。

なのにそこから逃れられない、逃れたくはない。

快楽だけの不倫者もいるかもいれない。けれど、少なくとも私にとっては、快楽は友哉に触れているその時だけ。
こんなにも好きなのに……。
その瞬間は、ほんのわずか。
こんなにも会いたいのに……。

1時間が経過する。
友哉から電話がくるかと待っていたけれど、諦める。
「1時間以内に電話がなければ、その日は会えない」
それも私と友哉の不倫の掟だった。

**

それでも、友哉からの連絡をどこかで待っている。

テレビを見ながらウトウト。
目が覚めると、すぐにスマホを見つめる。

友哉からも、そして、夫からも何の連絡もなく、四角の枠の中、キスマイの北山君が笑ってる。
少しだけへこんだ気持ちが癒される。

蒸し暑い夏の夜。
冷たい麦茶を飲む。
喉をならし、濡れた唇を手の甲で拭う。
紫外線でかゆみを伴う腕を、思い切りかきむしる。
血が出るまで、止められない。

私はどうかしているかもしれない。
そんな風に思う。

子供たちのことが気になり、玄関まで行く。
結花(ゆいか)も海(うみ)もまだ帰っていない。

4LDKの家には、わたしひとり。
キッチンテーブルの上にあるチキンカツを冷凍しようと思ったが、冷凍庫の中はギュウギュウだ。
夕飯のために作った唐揚げやスープ、さらにはゆでたパスタ、安売りしてたしめじetc。

チキンカツを冷蔵庫にしまいながら、しばらくは夕飯を作るのはやめようと思う。

誰のために生きているんだろう。

……誰も、私を必要としていない。

そんな風に思いながら、結花と海にラインをする。

「チキンカツあるよ」

<続く>

連載・不倫小説「不倫の掟」第2話

不倫小説【不倫の掟】は連載小説です。
日々、更新をしてまいります。
閲覧ありがとうございました。

無断転載禁止

不倫・浮気 | 不倫の掟 | 小説 | の最新記事