【略奪愛・不倫】嫉妬は本能!?願いを叶えるエネルギーになるって本当?

VIEW数:69
shutterstock_499074088

嫉妬は本能。それは当然の心理。誰しもが抱える心情の一部。嫉妬は醜いとか、嫉妬する自分が嫌いとか、そんなネガティブな心理は捨ててしまうほうがいいとか。
だって、嫉妬はエネルギーになるんですって。略奪愛や不倫なら奪いたいと思う。「負けたくない」という心理は向上にも繋がります。嫉妬をエネルギーにすれば、案外、物事はうまくいくのかも?
貴方の願いを叶えるのに、嫉妬は必要?

■嫉妬とは

▲嫉妬とは

1 自分よりすぐれている人をうらやみねたむこと。「他人の出世を嫉妬する」
2 自分の愛する者の愛情が、他の人に向けられるのを恨み憎むこと。やきもち。悋気 (りんき) 。「夫の浮気相手に嫉妬する」

(デジタル大辞泉より)

好きな人に彼女がいる、三角関係、不倫、略奪愛etc
嫉妬するのは当たり前。誰だって独占したい気持ちはあるのだから。

恋愛だけじゃない。

自分が欲しいものを持っている人(特に同性)には嫉妬もする。
可愛い女子、なんでもパーフェクトな女性に嫉妬するのは、どこかで自分が「そうなりたい」と思うから。

嫉妬って醜いイメージがあるけど、嫉妬をなくすなんて難しい。
大なり小なり、誰もが持ち合わせている。
つまり嫉妬は本能。

portrait-119851_640

■嫉妬と上手に付き合う方法

▲欲しいと思う気持ちから生まれる嫉妬

そもそも、嫉妬をするのは“欲しい”という気持ち。

恋愛なら、相手が欲しい。略奪愛。
だから、相手に恋人や妻がいたりすれば“奪いたい”とも思う。
相手の恋人や妻に激しく嫉妬もするでしょう。

仕事なら、ライバルにはかなり嫉妬もするはず。
ライバルを蹴落としてでも上になりたい。
そんな嫉妬もあるでしょう。

やたらとモテる女にだって、嫉妬はする。
“どうしてあの女がモテるのか”なんて、かなりダークな心理もあるでしょう。
でも、これは裏を返せば“自分がモテたい”なんて心理あがるから。

問題は、嫉妬を妬みのままマイナスにしてしまうことがいけない。
相手を奪いたいあまり、ストーカーのようになってしまのはタブーです。

この嫉妬と上手に付き合い、コントロールしていくのが大切。

■嫉妬は願いを叶えるエネルギー

▲嫉妬は生きる力

嫉妬は、向上心にもなります。
生きる力にもなります。

彼を奪いたい
と思えば、キレイになろうと努力もする。

ライバルに勝ちたい
と思えば、仕事のスキルを磨く

負けたくない相手(嫉妬する相手)に負けないために、頑張れる。
それは嫉妬から生まれるエネルギー。

つまり、嫉妬は願いを叶えるためのエネルギーになるということです。

20190131173627

画像提供:マグレガーの使者

■嫉妬と魔力の融合

▲魔術アイテム・魔術アクセサリー

嫉妬を認めていけば、なんとも心は楽なもの。
嫉妬をエネルギーに変換し、願いへと誘うのが魔術アイテム・魔術アクセサリーというのもあります。
最近、テレビなどでも取り上げられたりしている魔術アイテム・魔術アクセサリー。
略奪愛を成功させたくて、どうやらこっそりと持っているという人も。
それだけ、嫉妬というのは強いエネルギーになるということでしょう。

もし、本気で願いを叶えたいと思うなら、嫉妬を無理矢理消そうと考えるのではなく、それを願いへのエネルギーにしていきましょう。

強い思いがあるのなら、魔力と力合わせるのもアリかもしれません。
“どうしても叶えたい”“どうしても結ばれたい”“どうしても奪いたい”そんな恋愛(略奪愛)をしているのなら、魔力と嫉妬の融合でひとっとびで願いを叶えることもアリでしょう。

参考サイト:マグレガーの使者

イケナイ主婦 | 不倫・浮気 | 恋愛 | 略奪愛の最新記事