女性芸能人、なぜかやっぱり嫌われちゃうランキング TOP3

VIEW数:1683

キレイなのに、実力派なのに…どうしても嫌われてしまう女性芸能人。
どうしても既婚女性から応援されない、なぜかやっぱり嫌われちゃう女性芸能人を3人挙げました!

◆自由奔放すぎ!男性にも嫌われがちな元スポーツ選手

安藤美姫

私生児を生んで数か月後にはリンクに復帰し、試合に出場をし復帰した安藤美姫さん。
フィギュアスケート選手引退後はバラエティ番組に出演するなど、芸能人としても活動しています。しかしコメントの貧弱さにバッシングが絶えません。独りで子どもを育てようとする姿に共感を持つ既婚女性もいる中、自由奔放に新しい恋人とのラブラブぶりがスクープされるなど、実生活では芸能ニュースに頻繁に登場する彼女。
男性陣には『誰にでも心を許すのか?』という手厳しい意見も挙がっています。
フィギュアスケート選手として、かつては華麗な演技で活躍してきた安藤美姫さん。現在はとても残念な評価となっています。

◆不機嫌な態度と離婚が、「嫌われイメージ」に。新ドラマで払しょくなるか?

沢尻エリカ

若気の至りか、機嫌の悪い態度を取っただけで堂々と嫌われ芸能人に必ず名前の挙がる沢尻エリカさん。
数々の主演ドラマ出演で、実力派と言われているだけに、世間の注目や期待は大きいのでしょうか?数年前の不倫騒動も、嫌われ芸能人としての拍車をかけてしまったようですが、高飛車な態度でマスコミを騒がせています。
最近始まった久しぶりに主演となる、2017春の新ドラマ「母になる」は平均視聴率10%前後をキープ。子どもが誘拐された母という難しい役どころ。沢尻エリカさんの圧巻ともいえる演技力が、イメージアップになることを期待しています。

◆大御所ながら、嫌われ芸能人の常連といえば…

泉ピン子

世界に日本が代表する連続ドラマとして筆頭に上がる『おしん』。主人公おしんの母役として、絶賛された超演技派女優の泉ピン子さんですが、年々評判が下がっています。
理由は『高圧的』、『下品になった』、『わがままぶりが目立つ』など、様々ですが、バラエティ番組での露出が増えたせいとも言われています。
私たち視聴者は、ついつい役者さんが演じた役を通してその人となりを見がちです。いいお母さんを演じ、その姿に尊敬の念すら抱いていたなら、そうではない姿を見た時のショックとギャップは大きいのではないでしょうか。

嫌われがちな女性芸能人を3人挙げました。
「嫌われ芸能人」の共通点は、視聴者の期待と大きくずれてしまっているということ。
視聴者の期待はあくまでも勝手な意見、しかし芸能人は何と言っても人気商売。
個性と自由のはき違えに対してはファンの目も手厳しいようです。

エンタメ | 芸能の最新記事