過保護のカホコ 最終回 ネタバレ 最高視聴率達成!

VIEW数:228
注目のドラマ紹介!

9月13日放送日本テレビ「過保護のカホコ」最終回。視聴率は、自己最高の14.0%!Twitterでは初ロスの声が殺到している!?竹内涼真ファンが激増したといわれる「過保護のカホコ」最終回のあらすじと感想です。


■過保護のカホコ 最終回 あらすじ

祖母・初代(三田佳子)が亡くなり辛い時「こんな時だからこそ結婚する」という初(竹内涼真)とカホコ(高畑充希)。
祖母が亡くなり元気のない祖父・福士を心配したカホコが家にいくと、福士の姿がない。突然いなくなった祖父・福士(西岡德馬)を家族全員で探すと、福士は庭の隅で泣いていた。カホコは初代から聞いた福士との思い出を話し…。さらに、ギクシャクした衛と環に、カホコは初の力を借りて「過去を悔やんだり将来を不安に思うより、今の自分たちを信じて生きた方がいい」と説得。衛と環は和解へ。
「家族全員の写真を撮ろう」ということになるのですが、イトがいないことで保留。チェロを売り払おうとするイトを待ち伏せしたカホコと初は、チェロを奪って逃走。イトは初とカホコの説得に頷き、チェロを手にする。
いよいよ、結婚へ……。
となる前に「もうひとつの問題」を解決するためにカホコと初が向かったのは、カホコの父・正高(時任三郎)の実家。カホコの貯金で借金返済をし、根本家では子供達のための施設を作ることになる。カホコはそこで保育士として働く決意をする。
そして、カホコと初は、結婚の承諾を得るため、正高と泉を説得するのだが……。


■過保護のカホコ 最終回 見どころ

c42db96bc5f9fa8cf5e7f68bfff159dc_s

初が泉と正高に告げるすっばらしいお言葉はこれ!

泉と正高に結婚を認めてもらおうと初が懇願する場面。

「カホコさんとはなれたくないから、カホコさんの家族になりたいから」
「この手を離さないで、歯を食いしばってがんばりますから」

カホコの手を握り頭を下げる初は、とても頼りがいがあります。カホコを愛する初に胸キュンです。

***

結婚式は初の育った施設。
結婚式の当日も泉の反対は続くのですが、正高の電話からカホコの結婚を許します。この日は、泉と正高の結婚記念日
カホコは、両親の結婚記念日に自分も結婚したいと願っていたのです。
式では手作りのケーキもウエディングドレスもハチャメチャになりますが、泉の仕切りでようやく結婚式へ……。

*正高から初へのすっばらしいお言葉はこれ!

結婚式で初の耳元でささやく正高。
「カホコを不幸にしたらぶっ殺す」
いつもはママのいいなりの正高。気弱そうなイメージですが……。
“父は強し、愛は深し”ですね。

*カホコのふたつのお願い

カホコはお願いをするとき「ふたつあります」と指を二本立てます。
最終回でもカホコのふたつのお願いがありました。
カホコからママ(泉)へ「ふたつのお願い」。

ひとつ目は「ハグしてください」
ふたつ目は「絶対長生きしてね」

大人になっても子どもはいつまでも子どもです。そして、いくつになっても親の愛情を求めるのが子ども。ハグはそんな愛情表現のひとつ。小さな頃、ハグをしてもらった記憶がよみがえる場面です。

***

様々なハプニングを乗り越え、カホコと初の初々しい夫婦が誕生。
可愛いカホコのウエディングドレスは、泉のウエディングドレス。繋がる親子の愛こそが「過保護のカホコ」の見どころでしょう。


■過保護のカホコ スポットライト

valentines-day-1955236_640

第一話から最終回までを通して、注目すべきはやはり主役のカホコを演じた高畑充希さん。

1991年12月14日生まれ。ホリプロが創業45年を記念して主催する『山口百恵トリビュートミュージカル プレイバック part2 ?屋上の天使』の出演者オーディションで9621人の応募者から主演の座を獲得し、シンデレラガールです。
2007年から2012年までミュージカル「ピーターパン」で8代目ピーターパン役を務め、以後、ドラマ「3年B組金八先生」やNHK連続テレビ小説「ごちそうさん」などに出演。2016年のNHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」でヒロインを演じたことでも有名な女優さんです。
「過保護のカホコ」は、民法連続ドラマで初主演作。
まん丸な瞳で「すっばらしい」というカホコ。その姿が強烈。カホコになりきった演技に拍手です。


■過保護のカホコ 感想

第一話から最終回まで、かなりオーバーなシーンもあり、賛否両論ありますが、すっばらしい「家族愛」を描いたホームドラマ。恋愛ドラマでもありますが、最後の最後までいわゆるラブシーンはありそうでなかった。そこがまた新鮮かもしれません。
全話通しての「過保護のカホコ」は、カホコの父・正高(時任三郎)がナレーションをしています。この正高視線がとてもよろしい。同世代の父親なら、誰もが頷けることが多いのではないでしょうか。
正高は、泉の尻に敷かれているような気弱な夫ですが、実は泉を誰よりも愛している。カホコと泉を見守っている。そんな「すっばらしいパパ」です。
最終回は、出演者を総出演。全話通して、カホコ調に言わせてもらえれば「すっばらしい」場面も多々ありました。

カホコが空を見上げる場面でのセリフ。

「好きな人の手をはなさないで生きていく」
このセリフが全てを物語っているのでしょう。

☆一未☆

*視聴率
1話 11.6% 2話 10.8% 3話 12.0% 4話 11.1% 5話 12.1%
6話 10.9% 7話 10.8% 8話 11.5% 9話 9.9% 10話 14.0%


■過保護のカホコ キャスト

根本加穂子(高畑充希)
根本正高(時任三郎)
根本泉(黒木瞳)
麦野初(竹内涼真)
*泉の実家・並木家*
泉の母・初代(三田佳子)、泉の父・福士(西岡徳馬)
泉の妹・節(西尾まり)、節の夫・篤司(夙川アトム)、節の娘・糸(久保田紗友)
泉の妹・環(中島ひろ子)、環の夫・衛(佐藤二朗)
*正高の実家・根本家*
正高の母・多枝(梅沢昌代)、正高の父・正興(平泉成)、正高の妹・教子(濱田マリ)

■過保護のカホコ 主題歌

星野源 「Family Song」


前回のあらすじはこちら ➤過保護のカホコ・第9話 ネタバレ 来週はいよいよ最終話!

関連記事<<人気芸能人占い 竹内 涼真さんの運勢鑑定結果

関連記事<<人気芸能人占い 星野源さんの運勢鑑定結果

エンタメ | テレビ | 芸能の最新記事